このページでは、車のサブスクに関する疑問を2段階での比較(「類似サービスとの比較」「車のサブスク同士での比較」)により解決していきます。

車のサブスクって?

  • 車のサブスクのサービス内容を詳しく知りたい
  • 車のサブスクはどこを選ぶべきか知りたい

って方は、是非最後まで読んでみてください。

購買行動がモノ消費からコト消費にシフトしたことで、商品の販売方法にも変化が起こっています。
その象徴とも言えるのが、サブスクリプションサービス(略してサブスク)です。

サブスクの特徴

  • モノの所有ではなくサービスの利用
  • 月額定額料金
  • サービス(コト)を一定期間利用できる
  • 基本的に使い放題

音楽や動画配信をはじめ、ファッションや家電などなど、すでに何かしらのサブスク利用経験をお持ちの方も多いと思います。
サブスクは身近な言葉として、もはやお馴染みでしょう。

そんなサブスクですが、実は自動車業界でも盛り上がりを見せています。
車のサブスクに参入している企業は自動車メーカーだけにとどまらず、大手中古車買取販売業者、石油会社、リース会社など様々です。

ここではそんな車のサブスクについて、ありがちな疑問やメリットデメリットに至るまで分かりやすくお答えしています。
まずは車のサブスクのサービス内容からから確認していきましょう。

車のサブスクとは?!特徴を比較

ところで、「車のサブスク」ってどんなイメージをお持ちでしょうか?
音楽や動画と同じように考えれば、次のようなイメージかもしれません。

「車のサブスク」のイメージ?

  • 平日は通勤用に軽自動車
  • デートの日はスポーツカー
  • 大勢での移動には1BOXカー
  • 特別な日には高級車

などなど。
車のサブスクも音楽や動画と同じように、契約期間中に選び放題・乗り放題をイメージされているかもしれません。
でも残念ながら、車の場合はいくらサブスクといえども、こうした利用の仕方ができるサービスは今のところまだ登場していません。

実はサブスクって、元々は「定期購読」や「定期購入」を意味しています。
つまり、新聞や宅配牛乳ですらも、今で言うサブスクというサービス形態に該当するんです。

このように、サブスクには音楽や動画のように選択肢が豊富なサービスもあれば、新聞や牛乳のように選択肢がないサービスもあります。

つまり、車のサブスクは同じモノを長く利用し続けるタイプなので、「いろんな車を日替わりで乗り回す」的な利用方法はできないんです。

「車のサブスク」と「カーリース」の特徴を比較

「車のサブスク」と並んでよく聞くサービスに、「カーリース」があります。
どちらも毎月一定の料金で新車に乗れる点は、まさに同じです。
その他共通点も多い両者の境界は曖昧で、ほぼ同義で使われています。

ただ、そんな似た物同士の「車のサブスク」と「カーリース」にも、実はいくつか相違点が存在します。
「車のサブスク」を「カーリース」と比較して、共通点と違いを以下にまとめました。

共通点

  • 取り扱い車種は「メーカー系」か「それ以外」かで変わる
  • 頭金不要の月々定額で一定期間新車に乗れる
  • 契約期間は年単位が基本
  • 月額料金には自動車税・重量税・自賠責・登録諸費用等が含まれる
  • 車庫証明が必要
  • 希望ナンバーの取得可
  • 利用前に審査あり
  • 基本的に残価設定される
  • 走行距離やカスタマイズなど利用上の制限がある
  • 「わ」ナンバーにはならない
  • 駐車場代やガソリン代は自己負担

「車のサブスク」と「カーリース」の違い

比較項目 車のサブスク カーリース
契約期間 短め 長め
月額料金 高め 安め
サービス内容 多い 少ない
任意保険 ×
任意保険の等級引き継ぎ ×
整備費用 ×
中途解約 ×

車のサブスクには任意保険が含まれるケースが多く、カーリースには基本的に含まれません。
注意したいのは、車のサブスクでは個人で契約している任意保険は利用できない点です。
もしも無事故続きで割引き等級が進んでいるなら、サブスクでは損する可能性が高くなります。

「車のサブスク」と「レンタカー」「カーシェアリング」の特徴を比較

「車のサブスク」と「レンタカー」「カーシェアリング」の最大の違いは、契約期間です。
「車のサブスク」では年単位での契約となりますが、「レンタカー」「カーシェアリング」では時間単位となります。

「車のサブスク」は自分の所有物のような感覚で利用できますが、「レンタカー」「カーシェアリング」は借り物という側面が断然色濃くなります。

もしも休日ごとの気分や用途に合わせて乗る車を変えたいなら、サブスクではなくレンタカーを選ぶといいでしょう。もちろん利用頻度にもよりますが、サブスクよりも費用は安く抑えられます。

車のサブスクサービス提供会社

「車のサブスクやカーリースを利用したい」となった場合、気になるのが同業他社との比較です。
ですが、そもそも車のサブスクのサービス提供会社がわからなければ、比較検討すらできません。
そこでここでは、主な車のサブスクサービス提供会社をまとめてご紹介しておきます。

車のサブスクサービス提供会社

サービス名 運営会社 種別
KINTO トヨタ サブスク
クリックモビ ニッサン サブスク
マンスリーオーナー ホンダ サブスク
ウルトラマイカープラン 三菱 サブスク
SMAVO ボルボ サブスク
NOREL ガリバー サブスク・リース
もろコミ カーコンビニ倶楽部 リース
コスモMyカーリース コスモ石油 リース
SOMPOで乗ーる 損保ジャパン×DeNA リース
Carsma 住友三井オートサービス リース
いまのり オリックス リース
定額カルモくん ナイル(デジタルマーケティング会社) リース
MOTAカーリース MOTA(インターネットでの自動車マッチング会社) リース



「取り扱い車種はサービス提供会社による」とご紹介しましたが、自動車メーカー系のサブスクでは他メーカー車は選べません。
つまり、「KINTO」で契約するなら「トヨタ」か「レクサス」となります。

逆にメーカーに縛られずに車種を選びたい場合は、メーカー系以外のサービスを選びます。
また、国産車だけでなく輸入車まで加えた全車種全グレードから選べる車のサブスクサービスもあります。
各社のサービス内容については、以下で簡単にまとめています。

車のサブスクはどこを利用する?各社のサービス内容を比較

車のサブスクのサービス提供会社が分かったので、今度は各社のサービス内容を比較してみましょう。
車のサブスクはまだ他にもありますが、中でも特におすすめな7社について、以下で分かりやすく簡潔にまとめています。

車種や対応エリアから選ぶ

車種や対応エリア

サービス名 取り扱い車種 新中区分 対応エリア 納車場所 申込み方法
KINTO トヨタ
レクサス
新車 全国47都道府県 正規販売店 WEB
店頭
もろコミ
(新車)
国産車 新車 もろコミ加盟店
出店エリア
店頭
自宅
WEB
店頭
電話
もろコミ
(中古車)
輸入車 中古車 全国47都道府県 自宅 WEB
店頭
電話
SOMPOで乗ーる 国産車
輸入車
新車 全国47都道府県 各メーカーの正規販売店 WEB
定額カルモくん 国産全車種 新車
中古車
全国47都道府県 自宅 WEB
MOTAカーリース 国産全メーカー全車種 新車 全国47都道府県 自宅 WEB
リースナブル 5メーカー25車種 新車 全国47都道府県 店頭
自宅
WEB
クルカ 7メーカー29車種 新車 全国47都道府県 自宅 WEB
ワンポイント

  • 取り扱い車種は各社で違う
  • 「国産車」「輸入車」「新車」「中古車」の組み合わせ
  • 福祉車両や商用車の取り扱い会社も
  • 自宅納車には輸送費が必要な場合も
  • 離島には対応していない場合も

月額料金に含まれるモノで選ぶ

月額料金に含まれるモノ

サービス名 自動車税
重量税
自賠責
登録諸費用
任意保険 整備費用
(納車後)
車検代
自動車税
重量税
自賠責
支払い方法
KINTO
(5・7年のみ)
クレジットカード
口座振替
もろコミ
(新車)
× 口座振替
もろコミ
(中古車)
× × × 口座振替
SOMPOで乗ーる 口座振替
定額カルモくん 口座振替
MOTAカーリース × 口座振替
リースナブル × 記載ナシ
クルカ × × × 口座振替

ワンポイント!

  • 任意保険は原則自己加入
  • 「車検代」「整備費用」はオプションで追加可能
  • 「自動車税」「重量税」「自賠責」は契約期間分含まれる
※「車検代」とは、車検の検査費用や整備費用のこと。
車検の際には「自動車税」「重量税」「自賠責」の支払いが必須。
本来ワンセットのものが、車のサブスクやカーリースでは分割されている。

契約内容から選ぶ

契約に関すること

サービス名 契約期間 走行距離制限 途中解約 解約金 契約満了時
KINTO 3・5・7年 1,500km/月
54,000km/3年
いつでも可 返却
新規契約(乗り換え)
もろコミ
(新車)
7・9年 2,000km/月 契約満了の2年前から可 不要 返却
もらう
もろコミ
(中古車)
7年 2,000km/月 原則不可 返却
もらう
SOMPOで乗ーる 3・5・7年 1,000km/月 原則不可 返却
新規契約(乗り換え)
買取
定額カルモくん 1年から11年まで1年単位 1,500km/月 原則不可 返却
新規契約(乗り換え)
再リース(契約延長)
定額カルモくん
(乗り放題)
1年から11年まで1年単位 乗り放題 原則不可 返却
新規契約(乗り換え)
もらう
MOTAカーリース 5・7・11年 なし 原則不可 返却
新規契約(乗り換え)
もらう
リースナブル 3・5年 750km/月 返却
買取
クルカ 2・3年 記載ナシ 原則不可 返却
ワンポイント

  • 途中解約は原則不可
  • 短期契約ほど月額料金は高くなる
  • 1ヶ月1,000kmは平均的な走行距離
  • 契約満了時に「もらう」場合は差額清算ナシ

車のサブスクのメリット・デメリット

車のサブスクは、CMでもよく見かけるようになりました。
当然ですが、メリットだけがキャッチーなフレーズで訴求されています。
ここでは改めて、車のサブスクのメリットとデメリットについてお伝えしていきます。

ですがその前にまず、「車のサブスク」や「カーリース」では避けて通れない「残価設定」について分かりやすく解説しておきます。

残価設定とは?
残価とは、契約期間満了時の車両の残存価値のこと。
残価設定とは、将来の車の残存価値を最初に決めておくこと。
「走行距離」「キズ」「汚れ」「ニオイ」など、車両価値に影響する要素は複数ある。
そのため、予測と現実で乖離が生じる可能性がある。

メリット

メリット

  • 貯金ゼロでも新車に乗れる
  • ローンより長期の支払いが可能
  • 自動車税や車検費用を別途用意する必要がない
  • 納車後の整備費用すら月額料金に組み込める
  • 家計管理がしやすい
  • WEBからの申し込みが可能

デメリット

デメリット

  • 返却の際は原状回復が基本
  • 「過走行」「喫煙」「ペット」「損傷」等はNG
  • 契約満了時に差額補填費用発生の可能性アリ
  • 中途解約は原則不可
  • 事故による滅失等の際には違約金も発生で重量級のダブルパンチ
  • 車に関する出費を100%一元管理できるわけではない
  • 場合によっては「購入」より高くなる可能性は否定できない

「車のサブスク」と「カーリース」選ぶならどっち?

「車のサブスク」と「カーリース」はどちらも、ほぼ同じと言っていい新しい形のクルマの使い方ができます。
両者の最大の違いは「任意保険」ですが、サービス提供会社や契約内容によってはオプションだったりもします。
また、契約期間が長めの傾向にある「カーリース」でも、サービス提供会社によっては短期間での契約も可能です。
そのため、「車のサブスク」と「カーリース」をあえて区別して考える必要はありません。

「車のサブスク」と「購入」はどっちがオトク?

「車のサブスク」ではとかく「安さ」や「手軽さ」が強調されがちですが、購入と比較した場合はどっちがオトクなんでしょうか?

ここではまず、「車のサブスク」や「カーリース」が何をもって「安い」「手軽」「お得」といっているのかを解説していきます。
また、「車のサブスク」や「カーリース」が向いている人、逆に「購入」が向いている人についてもご紹介します。

その前にまず、ここでひとつハッキリ言っておきますが、新車登録時に必要な諸費用は購入もサブスクもリースも一緒です。
そして、車の維持に必要な「自動車税」「重量税」「自賠責」「ガソリン代」「駐車場代」も同じです。

車のサブスクと購入で大きく差額が生じるのは、「車両価格」です。
「車両価格」は、購入の場合は100%、サブスクの場合は利用期間分のみとなります。

そして、契約内容にもよりますが、「車検代」「整備費用」です。
「車検代」「整備費用」が月額料金に含まれているサブスクやリースでは、その費用を自分でコントロールできませんが、含まれていなければ「出来るコトは自分で行う」「安い工場を探す」など、自分でコントロールできます。

また、車のサブスクと購入では、「手軽さ」も大きく違います。
これらを踏まえて両者を比較すると、車のサブスクがお得なワケが見えてきます。

車のサブスクがお得なワケ

  • 残価設定分だけ車両価格が安くなる
  • 法定点検や部品交換時の支払いが不要(契約内容次第)
  • WEB対応だから忙しい人でも手軽に申し込める
  • 公式サイト内の支払いシミュレーションが簡単便利

とはいえ、車のサブスクのお得感は、どんな人でも感じられるわけではありません。

「車のサブスク」「カーリース」が向いている人

サブスクが向いている人

  • 頭金ナシで新車に乗りたい
  • ディーラーの営業マンとの商談が苦手
  • 短期間で乗り換えたい
  • ライフサイクルに合った最適な車に乗り続けたい
  • 免許返納が視野に入っている年配の方

「購入」が向いている人

「購入」が向いている人

  • 走行距離が月間1,000km以上と長い
  • ペットを乗せたい
  • 愛煙家
  • カスタマイズしたい
  • 車をよく傷つける
  • 1台の車に長く乗りたい

車のサブスクの利用手順

「車のサブスク」や「カーリース」はすでにご紹介の通り、申込み手続きはWEB対応しています。
ここでは一歩踏み込んで、更に詳しく「車のサブスク」や「カーリース」の利用手順をご紹介します。
各社の公式サイトにも掲載されてはいますが、ほとんどが簡略化されていて具体性に欠けます。
より詳しく知りたい方は是非、こちらでチェックしてみてください。
まずは簡単な流れから。

利用手順

  1. どこを利用するか比較検討
  2. クルマを選ぶ
  3. 申込み
  4. 審査
  5. 契約
  6. 納車

クルマを選ぶ際には、「車種」だけでなく「グレード」「オプション装備」「色」等まで具体的に決定します。
WEB上で簡単に選べるようになっているので、とても簡単です。
しかも、支払いシミュレーションまで一緒にしてくれてとても便利です。

希望のクルマが決まれば、そのまま申し込めます。

クルマのサブスクやリースを利用するためには、審査に通過しなければいけません。
毎月の支払額にもよりますが、安定収入があればほぼ大丈夫でしょう。
場合によっては、連帯保証人を求められるケースもあります。

審査通過後の契約はWEBだったり書類だったり、サービス提供会社により様々です。
契約後は、自動車の登録に必要な各種書類を準備します。
ただ、こちらで準備するのは「実印」と「印鑑証明」くらいのもです。
各種書類への記入は、ディーラーや販売店スタッフが代筆してくれます。
これは、委任状等は一字一句間違えずに正確に書く必要があるためです。
また、車庫証明に関しても、ディーラーや販売店スタッフが代行してくれます。

納車までの期間は契約したクルマにもよりますが、概ね1ヶ月程度かかります。
車種やオプションによっては、更にかかる場合もあります。

納車場所は、大抵の場合自宅となります。

新車の場合は、「1ヶ月無料点検」「6ヶ月無料点検」が実施されます。
サブスクやリースの契約内容に関わらず、該当メーカーのディーラーで受けられます。

法定点検費用や車検費用がサブスクやリースの契約内容に含まれる場合、入庫先は指定されている工場の中から選択します。

まとめ

車のサブスクを比較してきましたが、疑問は解決できたでしょうか?
最後にここで、まとめておきます。

まとめ

  • 「車のサブスク」と「カーリース」は同じと考えて構わない
  • 車のサブスクでは車両価格を全額支払う必要がない
  • WEB上で契約まで完結するので簡単便利
  • 契約終了後の残存価値を損なう行為はNG
  • 購入する方が安いケースもある

「新車に乗りたいけど頭金がなくてローンが組めない」って方や、「ライフスタイルの変化に合わせて車も替えたい」って方は、所有よりも利用が主目的の車のサブスクの方がメリットが多いでしょう。

一番しっくりくる車のサブスクサービス提供会社はどこなのか、じっくりと比較検討してみてください。